青汁を毎日続けよう!

青汁画像

青汁にはβカロチンが豊富

青汁にはβ―カロチンが豊富に含まれています。
別名カロチノイドは、知名度はあるのですが、私達人間の身体にどのように作用するのか、あまり知られていませんが、実は身体に様々な嬉しい作用をもたらしてくれるのです。
例えば、がんを防いでくれたり、心臓病を予防し、またコレステロール値を減少させてくれる効果もあるのです。
青汁の豊富な栄養素については、こちらも参考にしてください。
http://www.eldiscursodelrey.com/5.html
カロチノイドにはαカロチン、β―カロチン、γカロチンなどがありますが、身体にいい影響をあたえてくれる効用が最も高いのがβ―カロチンなのです。
緑黄色野菜に多く含まれ、体内に入ると、ビタミンAに変換し、残りは体内に残ります。
ビタミンAが不足すると、目に角膜の腫瘍ができたり、爪がもろくなったり、皮膚の乾燥や、骨の成長が悪くなったり、歯のエナメル質が弱くなったり、また慢性疲労感や、食欲不振、体重減少、下痢、肝硬変など、様々な病気を引き起こします。
身体の外から入ってきた、化学物質や、ウイルス、発がん物質の作用が増加するとも言われているのです。
そんな症状を防止してくれるのがカロチンです。
またビタミンAとしてだけでなく、抗酸化物質としても、重要な働きをし、身体が老化していくのを、防ぎまた生活習慣病をも予防するのです。
β―カロチンは、口内炎、胃、風邪、花粉症、血行促進、抗酸化作用、精神安定、動脈硬化、粘膜の強化、血行促進、アンチエイジング、疲労回復、肌荒れ、ニキビ、ドライアイ、疲れ目、アルツハイマーなどに効果が期待できます。
青汁のアンチエイジング効果はこちらを参考にしてください。
http://www.nabilonline.net/colorfishy.htm
このように様々な嬉しい期待を持てるので、積極的に毎日の生活に青汁を取り入れていかれることをお奨めします。
しかし、青汁は苦みが強く味に慣れていない方にとって毎日摂取されるのは大変な事かと思います。
青汁を料理やおやつにアレンジして食べてみるのもいいかもしれません。
そんな方に是非お奨めしたいのがサプリメントです。
青汁サプリメントで1番人気の商品はこちらで紹介されています。
サプリメントであれば、外出先でも気軽に摂取することができますし、携帯性や、保存性にとても優れています。
またいつでもどこでも、摂取することができるので、継続して毎日摂取できる事と思います。
また独特のにおいや、苦み、飲みにくさを軽減し加工してあるものがほとんどなので、無理なく、毎日摂取できる事と思います。
しかし、注意しなければならないのが、毎日の摂取量です。
一日の理想的な摂取量は、メーカーなどによって違ってきますが、目安として、5粒までを上限としています。
それ以上の摂取を続けると、お腹がゆるくなったりするなどの、副作用がでてしまう事があるので注意が必要です。
青汁の副作用については、こちらをご覧ください。
http://downtowninnchiangmai.com