青汁を毎日続けよう!

青汁画像

青汁を飲んで便秘とさようなら

便秘がちな人は野菜を多くとって予防しようとしています。
一日の野菜摂取目標は350gと言われていますが毎日続けるのは難しいうえ便秘に効果的な食物繊維は全ての野菜に豊富なわけではありません。
手軽に野菜を摂取するために市販されている野菜ジュースを飲むことも良いのですが市販されている野菜ジュースはのどごしを良くするために食物繊維が除去されているものが多くなっているので簡単に食物繊維をとるためには青汁をお勧めします。
青汁の主原料にはケールや大麦青葉や明日葉や桑の葉などがありますがそれら緑黄色野菜には豊富な食物繊維が含まれています。
この主原料のそれぞれの特徴がhttp://www.subwaysuperseries.com/2.htmlに載っていますのでご覧ください。
青汁の腸内環境正常化の効果はこちらも参考にしてください。
http://www.spamresearchcenter.com/03.html
食物繊維は水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維がありますが便通をよくするためには両方の食物繊維をとるべきです。
水溶性の食物繊維は野菜ジュースにも含まれていて腸内の善玉菌のエサになります。
善玉菌が増えることによって腸内の環境が正常になり、腸の働きが活発になり便が出やすくなります。
不溶性の食物繊維は野菜ジュースには少なくなっています。
不溶性の食物繊維は体内で全く吸収されませんが保水力が高く水分を吸収して10数倍に膨らみます。
便の量が増えることによって、便秘の予防・解消に繋がります青汁によっては市販の野菜ジュースのように不溶性の食物繊維がなくなってしまっているものがあります。
何故なくなってしまうかは製造方法で決まってきます。
ケールや明日葉などの緑黄色野菜をしぼってから高温で乾燥するといった製造方法をすると不溶性の食物繊維は製品には残りません。
しぼりかすの部分に不溶性の食物繊維は残ってしまいます。
一方製品をそのまますりつぶして乾燥させた製品は水溶性の食物繊維はもちろん不溶性の食物繊維など原材料の栄養素や成分がそのまま製品に残ります。
青汁を購入する目的が便秘解消であれば原材料よりも製造方法をチェックするようにしてください。
安価な製品は前者の製造方法をしていて不溶性の食物繊維がほとんど残っていない場合が多いようです。
メーカーや販売業者のホームページを見てみると原材料をそのまますりつぶしている製法をしていることがわかりますので、そのような製品を購入すると良いでしょう。
さらに原材料によって変わってくる成分を調べてもっとも効果的な製品を選ぶようにすると良いでしょう。
味に関しても継続して飲み続けるには重要ですのでお試し商品や初回限定商品などを利用していくつか試してみるとよいでしょう
http://www.markstriglradio.com/a08.html
ケールの青汁については、こちらを参考にしてください。
http://www.aoyuzu-akiba.jp

こちらには美容効果の高いイソフラボンが紹介されています。
青汁で体内からデトックスして、体外にはイソフラボン配合のスキンケア商品を使用することで美肌・美白になれるでしょう。